本文へ移動

はじめに

長崎南山学園図書館は男子校にふさわしい活気あふれる図書館を目指し、日々進化を続けています。また、図書委員会活動を中心に、単に本を読んだり自習をするだけのスペースとしてではなく、全ての生徒、職員が気軽に入館し、くつろげる空間としての役割も果たしています。

長崎南山学園の図書館の運営方針

本校の図書館は、まず第一に、利用者がくつろぐことのできる空間であるということです。落ち着いた雰囲気で本を読んだり、勉強をしたり、調べものをしたり・・・。このような雰囲気をつくるためにぜひ利用者の皆さんは協力してください。
第二に、本校の図書館は学園の「学習情報センター」として位置付けているということです。授業をはじめ、進路や職業などについて知りたいことを知ることができる、学ぶことができる図書館をめざしています。わからないことは司書の先生に遠慮なく、たずねてください。
第三に、利用者が図書館で素晴らしい本と出会うことをお手伝いします。一冊の本が人生を変えたり、貴方を救ってくれることもあります。利用者がそんな本と出会えるように願っています。

図書館概要

  • 場所:校舎3階
  • 蔵書数:約2万冊(平成17年度までに大幅な除籍を行いました。)
  • 1日の平均来館者数:140人
  • 設備:スクリーン2台、ビデオデッキ1台、DVDデッキ2台、プロジェクター固定1台、ホストサーバー1台、PC8台(全てネットワーク接続)、館内無線LAN接続可、オーディオCD・MD・DVD、ノートパソコン1台、蔵書検索システムPC8台、書庫(準開架式)

運営

  • 図書主任 中島 寛(国語教諭・司書教諭)
  • 司書 松浦 純子
  • 生徒会図書委員会(中・高38名)
  • 図書選定委員 各教科1名で構成
TOPへ戻る