長崎原爆忌 平和記念俳句大会 本校生9名が入賞

第六十二回(被爆七十年)長崎原爆忌平和記念俳句大会「ジュニアの部」

 

平成27年8月1日(土)に、標記の表彰式が原爆資料館でありました。ジュニアの部では約1000句ほどの投句があったそうですが、本校生徒が9人も入賞しています。以下、入賞者と作品です。

 

◆長崎市議会議長賞

              祈念像私はピースで写真を撮れない            荒木諒太(高校Ⅲ-4)

◆長崎市教育委員会賞

              原爆をなくそうなくそうソーダ水                    濵﨑慎太郎(高校Ⅲ-7)

◆長崎新聞社賞

              向日葵がある場所(ところ)平和への入口       町田樹充朗(高校Ⅲ-1)

◆長崎県文芸協会長賞

              ソーダ水シュペっとはじけるファットマン          原田優希(高校Ⅲ-7)

◆実行委員会賞

              あの夏に生まれた子供七十歳                     相川 凪(高校Ⅲ-6)

◆実行委員会賞

              原爆のかさぶた残る七十年                         宮﨑健太(高校Ⅲ-3)

◆実行委員会賞

              アブラゼミうるさいけれど平和です                財前大志(高校Ⅲ-3)

◆実行委員会賞

              トマト食べ平和を感じる原爆忌                     橋本 亮(高校Ⅲ-3)

◆実行委員会賞

              原爆を知らずに食べるかき氷                      尾崎佑都(高校Ⅰ-5)

 

コメントは受け付けていません。